最後にご紹介しておきたいのが、お仕事している上でどうしても困ってしまう幾つかのシチュエーションについてです。

会話が上手な女の子でも、思わぬ場合につい対応に困ったりするもの、今回はそんな困ったシチュエーションの中から代表的なものを3つほど挙げて、その対処法もばっちり教えちゃいます!


困ったシチュエーションの対処法

1、下ネタや苦手な会話
自分が不得意な会話や下ネタ話になってくると対応が難しくなることってありますよね。

そういうときは思い切って「私よく分からないんですー」などと甘える様な感じで伝えてみるのが効果的です。

相手の自尊心をうまくくすぐれば満足して違う会話に変えてくれると思いますよ。


2、口説かれた時
これもよくありますよね。かわしても断ってもなかなか話が終わらず延々と口説かれる地獄のような時間。

こんなときは「そう言う話は飲んでない時にしてほしいな☆」「そんなの言われたら本気にしちゃいますよー」なんて良いながらボディタッチでもして、そのまま何か別の話題を相手に振ってみてください。

恋愛的な質問で空気感を保ちながら、徐々に違う話題にフェードアウトしていくのもコツです。


3、気まずい沈黙
話の合間になんとなく気まずい沈黙が発生してしまうことってよくありますよね。

こういうときは、一拍置いて上目遣いで相手を見て、「えへっ」と微笑んだりすると良いですよ。

場が和んだらそのまま何か違う話題をさらっと振りましょう。